家族、お友達、先輩、お知り合いにお金を借りる時の気持ちの違い!

人にお金を借りることは、抵抗はありますが、金額と人によるかなと思います。

家族や親戚であれば、気軽に借りれますが、お友達、知り合って間もない方、会社の先輩などに借りる場合は、ドキドキしてしまいます。

また、金額も、家族や親戚以外で、1000円以上借りるとなると、かなり抵抗があります。

それでも、1000円以上、お金を貸して頂いた経験としては、「会社のお昼休みにお弁当を先輩と買いに行ったが、うっかりお財布を会社に忘れてきてしまった時。」「ゲームセンターにお友達と行った時、カバンを横に置いておいたら、置き引きにあってしまって、家に帰れなくなってしまった時。」「急な飲み会に参加した時、一人6000円と言われたが、4000円しかお財布に入っていなかった時。」があり、そんな時、相手の方が先に快く「お金貸しますね。」と言ってくださったので、お借りすることにしました。

ただ、やはり、その方にお金を返すまでは、「お金を借りたことを忘れちゃいけない。」と自分に言い聞かせ、落ち着かなかったのを覚えています。

でも、快く貸して頂いたということは、その方に信用されているんだなと思うと、感謝すると共に、嬉しく感じたのを覚えています。

また、学生時代に、お母さんにお金を借りたことがあります。カードローンのことを調べたことがありましたが、必要な物が足りずに諦めたからです。(カードローン必要な物.xyz http://xn--q9j1gpd8f4a3cc1396gec9adjyc.xyz/

学生時代のお友達とのスキー旅行は、自分で払う約束でしたが、バイト代が足りずに、5万ほど借りました。

ただ、こちらのお金は、その時には返していないのですが、大学を卒業した後に会社勤めをしてからは、お給料から家に3万円ずつ入れていたので、それで、お金を返したことにしてくれていたかな?と、勝手に考えています。

100万円単位だと、また別かもしれませんが、家族だと、貸し借りをなんとなくあやふやにしてしまいますね。

人によってお金をかけるところは違う

お金があればと一番感じる時、それは周りの友人たちがオシャレな恰好をしているのを見る時です。

シーズン毎に新しいコートや服、バッグを身につけているのを見ると、お金があればなぁと思ってしまいます。

以前は私も洋服にお金をかけていたのですが、結婚してからはあまりお金をかける事が出来なくなりました。

やはり、女性ならオシャレをしたいと思ってしまいます。

野暮ったいものを着ていると、貧乏な感じがどうしてもしてしまいます。

オシャレをしているだけで、すごく幸せな感じがしてしまうのです。

でも、そんな時は、一時的な気持ちに流されていはいけないと心に念じています。

カードローン

それは、ある友人が言っていた言葉ですが、人によってお金をかけるところは違うという事です。

お金がなくとも洋服にたくさん使ってしまう人もいるし、お金があってもインテリアや自分への投資として使っている人もいるという事です。

だから、周りの友人がオシャレをしていて、お金があればと考えてしまいますが、何が一番大切かを考えるようにしています。

そうすると、もしかしたら、友人たちはオシャレをしてしまった為に生活は大変なのかもしれないと考え、欲求を抑える事が出来ます。

ちょっと変な考えかもしれませんが、こう考えるとすぐに羨ましい気持ちはなくなります。

何に使っても良いお金があれば、本当にあれば、服を買ってしまいますが、今は出来ません。

今後、何不自由のないお金持ちになれたらいいなとは思いますが…。

どうしてもお金が必要な時の借りる基準

お金は1円でもその持ち主の大切な資産であり、そういった人様のお金を借りるということは極力するべきではない、と私は考えています。

人から借りるということは、相手との信頼関係だけで借りることとなり、借りた相手は返ってくるまで不安定な状態におかれます。

返済を催促するのも嫌でしょうし、関係にヒビが入りかねません。小さい頃から両親に金銭の貸し借りはしないように教育されていたのもあり、金融機関から借りたことは全くなく、人からお金を借りることも滅多にありません。

過去に人からお金を借りた話ですと、家に財布まるごと忘れてきてしまい、飲み物も食べ物も全く持たないまま出勤。食べ物は我慢できますが飲み物はさすがに辛いので、同僚に500円借りました。借りたお金は翌日返しました。

人からお金を借りた経験はこれくらいで、これまでに1000円以上借りたことがありません。お金を下すことが出来ず、クレジットカードも使えず、どうしてもお金がないといけない理由がある場合にのみ、お金を借ります。

そういうときに使えるカードなしのローン(http://xn--68jub0mmeyk712oh4b.com/)もあるようですが、便利なのを持っているとつい使ってしまうかも知れませんので契約したくないです。

借りる際には相手に返済期日をあらかじめ伝えます。でないといつ返ってくるか分からず、嫌な思いをさせてしまうからです。返済は出来れば翌日、無理なら最短日に返します。返済にルーズだと相手の信用を損ねます。

もし万が一、はじめに伝えていた期日を過ぎてしまったら深く謝罪し、お金と一緒に差し入れを渡します。お金の貸し借りはお互いにプラスにはならないので、極力避けています。

引っ越しは消耗戦

『引っ越し貧乏』という言葉がある通り、引っ越しには大金の出費が伴います。
たとえば家を建てた時や、会社から資金が出る転勤などの「前向き」な引っ越しならいざ知らず(それだって大金が伴うわけですが)、賃貸物件から賃貸物件への引っ越しは、その距離に関わらず、先行投資とも言うべきもので、オマケで後始末もありますから大変です。

それでも1K程度の学生の引っ越しなら、10万までもかからずに済むものですが、これが一軒家となれば、後始末も先行投資も桁違いにかかります。

まず、引っ越し先の敷金・礼金の類い。そこに最低1ヶ月は家賃がダブるのが普通です。もし、出て行く家と引っ越し先の家賃が、同額10万円であるとしても、その月だけで70万円近い出費を覚悟しなくてはなりません。(敷金+礼金で3ヶ月+仲介料1ヶ月+家賃先払い1ヶ月+元の家の家賃1ヶ月)。

これに、さらに引っ越し料金(運賃)がかかるわけですから、たまりません。
この時ばかりは、日本の住居費の高さを思い知ることになります。

お金がなければ借りるしかありません。(引越しお金がない.net<http://xn--n8jlg6b1f0625av77cmfh.net/>)

距離が近ければ、レンタカーなりを借りて自分で越すこともできないこともないでしょうが、家族の住む一軒家は、やはり独身者の1Kとは桁違いです。その荷物の多さたるや。

結局、無駄な物は捨てられるだけ捨て、売れる物は売り、なるべく身軽にして運送費用を押さえるしかありません。なにしろ、家賃部分については、まったく割り引ける部分がないのですから。

しかも、大家さんにもよるのでしょうが、退去した家の敷金は、ほとんどもどって来ない。最悪、追加で修繕料金をとられたりします。
ひとり住まいのアパートなどですと、かなり厳しい法律の元に置かれるようになったので、幾ばくかもどって来たりもしますが、それも1ヶ月後くらいと見るべきでしょう。

我が家の場合は、仙台→東京で100万円ほどもかかりました。
正直、もうこりごりです。

本気で外国語を習得したいなら恋をしよう

外国語を学習する方法はさまざまです。
たとえば、英語に限定すると、駅前留学に代表される英会話教室やCD・DVD付きの英語教材、もっと基礎から学びたいなら学生用の参考書を購入して学びなおすという手段もあります。

しかし、日常的に外国語を使わない現代日本では、ネイティブ並みの外国語を習得するのは困難です。
ではどうすればいいのでしょうか。
言語習得のための海外留学や、海外への移住を考えたほうがいいのでしょうか?
そう思ったあなたもご安心ください。もっと簡単に外国語を習得する方法があります。

本気で外国語を習得したいのなら、外国人の恋人を作ればいいのです。

好きな相手を理解したいと思うのは当然のことです。そして、恋をすると思いがけないような大胆な行動をしてしまうことがあります。
皆さんも、今までにそうした経験をしたことはないでしょうか。
それはもちろん、言語に対しても同じことが言えます。
ですので、恋愛の情熱の一部を言語学習に回し、恋人に手取り足取り教えてもらえばいいのです。
実際、早く恋人と会話をしたい、という思いから習得までの期間が短くなった、というのはよく聞く話です。

しかし、出会いがない、アプローチできない、などの理由から恋人を作るのが難しい人もいるでしょう。
その場合でももちろん方法はあります。
海外の女優や俳優を好きになればいいのです。
できるだけ日本でも見られる映画やドラマに出演している人を好きになるといいでしょう。
あとは、その人の出演作品を繰り返し見てください。
好きな相手がそこにいる、と思うだけで言語学習にも熱が入るはず。

結局ところ、大切なのは熱意です。
「絶対に習得したい」と思えるような動機を作って楽しく外国語を学習しましょう。